豆腐業界もメジャーになる!?東証マザーズ上場を果たした 「篠崎屋」【豆腐通販@お豆腐や】

「これで豆腐もメジャーになる」。篠崎屋は二○○三年十一月二十八日、東京証券取引所マザーズに上場した。社長の樽見茂は上場の瞬間、こう思った。豆腐屋として初めての上場。快挙だった。

樽見は一九八七年一月、二十四歳を迎えるこの年に篠崎屋食品を設立。スーパーマーケットへの豆腐の卸売を開始した。樽見の家は、両親が豆腐をつくり販売する町の豆腐屋だった。ただ、樽見は両親から「(豆腐屋を)継いで欲しい」という言葉は聞かなかった。

樽見自身も大学時代は「教師になろうと思っていた」。しかし、「教師は向かないのでは」という大学の進路就職担当者の言葉もあり、卒業後は両親の豆腐屋を手伝うことになる。手伝うといっても、樽見自身「家を継いだという意識はなかった」。原材料の仕入れ、製造、販売、収支すべてを樽見が判断、一人で行うもので、樽見にとっての起業はここから始まったともいえる。

ここまで、埼玉新聞連載<経済> より引用-----------------------------


豆腐業界で上場している企業は、篠崎屋さんだけとのこと。
昨日、なんとなくテレビ見てたら篠崎屋さんのことをテレビでやっていた。
ん〜篠崎屋さんの豆腐について、もう少し知りたくなった。





豆腐通販@お豆腐やTOPへ







広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。